ロゴを作る時に考えたあれこれを再び語る

2019.3.15

前回に引き続き、今回も作ったロゴについて語ります~。今回はお手伝い編!といっても、他の企画様に関わらせていただく機会も少ないので、比例してロゴも少ないです。その分、ありったけの思いを込めて作らせていただきました。思いが重い。

 

軍人と銃(企画ロゴ)

軍人×銃擬人化企画『軍人と銃』様の企画ロゴです。
血が沸き立つ日本語タイトル。迷うことなく縦に配置することを決めました。そして、「と」の配置には細心の注意を払いました。「幸の福ラルカ」の反省を今こそ活かすんだ……(前回記事参照)
「軍人」「銃」という文字の印象から、かっちりした明朝系のフォントを選びました。当初、アイテムを「軍帽」と「銃」に決めていたのですが、意外と取り入れることが難しく……。イラストの要素が入ることでポップに見えてしまい、それをどうやっても解消できませんでした。完全に私の実力不足です。
そして、禿げあがりそうなくらい悩んだ結果、フォント自体が装飾を入れなくても大丈夫なインパクトがあったので思い切って「軍帽」と「銃」を取り入れることをやめました。私の場合、ロゴに取り入れるものを考えるより、一度取り入れようと思ったものをやめる方が時間がかかります。なので、やめると決めたものの、しばらく軍帽と銃の素材を探してネットを海を漂っていたのですが(往生際が悪い)そのおかげで弾痕の存在に気づき、スキップしながら取り入れました。線で構成されている弾痕はポップな印象になってしまうこともなく、とても気に入っています。へへへ。

そして、できたラフがこちら。過程を公開するのは抵抗があるのですが、なんの利にもならないかもしれないブログを読んでくださる方がいるという喜びに身を任せて公開します。
「軍人」「銃」と聞いた時に、「戦場」「硝煙」「砂嵐」をイメージしたので煙っぽい加工をしました。ちゃっかり小さい文字を入れるといい感じに見える法則も使ってます。ロゴと心の隙間を埋めてくれる存在……一生使ってく……。そして、方向性に問題がないかをご確認いただいた後、色々手を加えて今の形になりました。

ラフの段階では「ただフォントを並べた」感が強かったので、文字のパーツを伸ばしたり欠けさせたりしました。銃は弾痕があるのでさほど手を入れていないのですが、「軍人」が「銃」のインパクトに負けていたので「人」を欠けさせました。戦地の火薬で燃えた服の裾をイメージしました。この「人」という文字で、軍人はもちろん「銃の擬『人』化」という企画の趣旨とも関連を持たせることができた(と思い込んでいる)ので、一番のお気に入りポイントになりました。加工はもっと金属感があった方がいいかもと思いグランジに変更し、金属っぽい色で縁取りをしました。文字が引き締まったので変更してよかったな~と思います。

こちらの企画には、デザイン全般とサイト制作、ルデリア・ヴァレンツ組(別名パリピ組)としても関わらせていただいておりますので、また別途記事を書けたらいいなと思っています。イラストなしのテンプレートもご用意しておりますので、ご興味のある方は奮ってご参加ください。

 

CM Laboratory(サークルロゴ)

ボイスドラマ制作サークル『CM Laboratory』様のサークルロゴです。
こちらは事前に「音」「CM」「コメディ」「アメリカン」というイメージを頂きまして、自創作では作ることのなさそうなイメージにわくわくしました。お手伝いさせていただくとこういう経験があるので、ありがたいなぁと思います。
イメージを元に、「音」が連想できるレコードのようなフレーム、「コメディ」のようなフォント、星を入れることで「アメリカン」な感じをイメージできるように構成しました。所属キャスト様が3名でしたので3つ星を配置し、左上にレコードの溝にも流れ星のようにも見えるラインを入れました。
優柔不断野郎なので納品のギリギリまで悩むのですが、今回はお知り合いでしたのでTwitterのDMをチャットのように使って確認いただきました。いや、チャットの予定はなかったんですがお互いにレスが早くて、いつの間にかチャットになってました。なにこれ、白熱する。結果、10分くらいで最終案まで決まりました。楽しかった……。私の優柔不断にお付き合いいただき、ありがとうございました。

ロゴイメージですでに予想がついてる方もいると思うのですが、笑いあり爆笑ありゴリラありのボイスドラマを制作されています。ゴリラはまじでおすすめです。心が弱った時に元気をもらいにいきます。みなさまも是非。

引き出し少ないマンなので「お仕事募集中です!」というのはなかなかできないのですが今年は活動の幅を広げると元旦に誓ったので、機会をいただけたらお手伝いさせていただきたいなぁと……頭の片隅で……思って……います……。大体、月始めに己に課したノルマと自創作でヒーヒー言っているので、できる範囲になりますが……(志が低い)
お手伝いさせていただいたロゴ、「オラには無理だ〜助けてシェンロン〜」となることもなく、とても楽しく制作させていただきました。ありがとうございました!